住むまでもなく都

先週の話にはなりますが、こんなニュースがありました。

「過疎」の代替語検討へ、総務省 マイナス印象と(共同通信) - Yahoo!ニュース
過疎地域の支援策を検討する総務省の有識者懇談会は2日の会合で、離島や中山間地など - Yahoo!ニュース(共同通信)

人口が急減している地域を指す言葉「過疎」を、もっとイメージが良い言葉に変えよう、という案が検討されているそうです。

これに対して、「大事なのは対策であって、誤魔化すことではない」といった声もあがっているそうですね。

「過疎」はマイナス印象なので別の言葉に... 総務省「検討」に「誤魔化しやめて」
総務省が「過疎」に代わる用語を検討するとの報道をめぐり、SNS上では「物事の本質を分かりにくくするのは、もうやめていただきたい」などと反発が広がっている。総務省はJ-CASTニュースの取材に「見直すと決まったわけではない」と釈明する。総務省「見直すと決まったわけではない」共同通信は2019年7月3日、「『過疎』の代替語

 

しかし私は、代替語を考えてみるのは無駄ではないと思ってます。
言葉が与えるイメージって、案外強いと思うんですよ。
昨今は「ハッシュタグ」というわかりやすい記号で流行を測れますし、真新しいキーワードというものは、うまく浸透すれば人を動かす効果が高いんです。

よし、今日はグダグダ言わず、素直にこの話題に乗っかりましょう。

「過疎」に代わるポジティブな言葉を考えよう

 

いつもグダグダ言ってるって自覚あったのかよ

改めて過疎とは、

人口が急激かつ大幅に減少したため、地域社会の機能が低下し、住民が一定の生活水準を維持することが困難になった状態をいう語(Wikipedia「過疎」より引用)

です。
こんな教科書的な説明の時点で、既に暗いイメージが漂うのですから大したものです。
少しでも印象が良くなるような、フレッシュなワードを考えましょう。

そういう方向で、私が少しばかりひねり出してみた代替語の候補がこちらです。

  • ゆとりエリア
  • みんなの故郷
  • 商店街のここ、空いてますよ

…うーむ、これで合ってるのかどうか、イマイチ自信がありません。
そもそも、私の住まいがどちらかというと過密にあたる地域なので、過疎地の良さがイメージしにくいんです。
なーんとなく、自然がいっぱい…空気も水もきれい…人があたたかい…どこまでいってもフワフワしています。

 

そもそも、なぜ代替語を考えなければならないんでしょうか?

「過疎」の代替語検討に批判の声「実態は変わらない」「現実隠してるだけ」
総務省は2日、有識者懇談会を開き、「過疎」の代替語を検討することが明らかになった。来年3月までに提言をまとめるという。 共同通信によると、豊かな自然など“都市”とは異なる特性に魅力を感じる人は増加傾向にあり、マイナスイメージがある「過疎」は実態に合わないという

こちらの記事によると、過疎地で特に問題なのは「住民が減ることで税収が減り、公共サービスが行き届かなくなって、生活インフラが維持できなくなること」だと言われています。
ですから、目的は「過疎地のイメージをアップすること」ではなく「過疎地の人口を増やすこと」なんですね。

 

…はっ!そうか!
そういう目的なら、逆に「過密」の代替語を考えればいいんです。
すなわち、誰も住みたくなくなるような、すぐにでも逃げ出したくなるような酷い言葉に言い換えるんです。
そうすれば、人口が少なかった地域に人が流れてくる、これは当然のシナリオであります!

やっと気がつきました。私が真に取り組むべきテーマは、

「過密」に代わるネガティブな言葉を考えよう

なのです!
どうしたことでしょうか、テーマを変えたとたん、急激にテンションが上がってきました。
さあ、元気よく考えましょう!ぐへへ。

結局それかよ

思考エンジンがフル回転した私が生み出した、これが「過密」の代替語です!

  • 人ゴミ
  • 人間ワゴンセール
  • 疲弊者の巣
  • 家賃の底無し沼
  • 騒音刑務所
  • 不親切ダンジョン
  • 自己責任大国
  • 雑香空間
  • 無気力コンベアー
  • 押しのけ戦争
  • スマホ中毒病棟
  • ストレス増殖炉
  • 近くて遠い隣人
  • 人間味の墓場
  • 労働者製造工場
  • デイリー人身事故
  • 大気汚染実験室
  • 見て見ぬふり選手権
  • 窒息する大地
  • 星空など無い
  • 肩身の狭い街路樹
  • クラクションオーケストラ

 

…考えてるうちに、なんだかテンションが下がってきたので、この辺にしておきます。