北京飯をちょっと恥ずかしく食べた日記

裏タイトル

声に出して読みたい飯

こんにちは、フクイチです。

※裏タイトルとは、正式な記事タイトルとは別に、遊び心でつけたタイトルです。

一泊二日の名古屋出張での出来事です。

早くも一行目から嘘をつきました。泊まったのは名古屋ではなく「愛知県刈谷市」にあるホテルです。
刈谷市出身もしくは在住の読者が一人もいないことを祈りつつ書きますが、「刈谷出張」と言って場所を思い浮かべてもらえるかどうか、不安に負けて名古屋の力を借りてしまいました。
でも大丈夫、刈谷駅は名古屋駅から電車で20分ほどの位置です。20分なんて一瞬ですよね!ね!

さて、刈谷駅近くのホテルにチェックインし、部屋に荷物と仕事のストレスを置いて外へ。
一日がんばった体、その胃袋に何を入れてあげましょう。ひとり孤独のグルメが始まります。
「ひとり孤独のグルメ」というのもおかしな表現ですが、孤独のグルメ(ドラマの方)はカメラマンとか音声さんその他のスタッフがいるので、完全な孤独ではありません。
その点、一人で出張している私は真なる孤独であり、これは「ひとり孤独のグルメ」と題するにふさわしいシチュエーションなのです。

それにしても、お酒が飲めない人間はこういうときつらい。
お店はいっぱいありますよ。そう、居酒屋は。あとキャバクラ。

いや、もっと普通にご飯食べたいだけなんだよな、とアゴをさすりながらさまよう民を、やさしく手招きしてくれるお店がありました。

 

「半熟堂」です。

 

究極の北京飯・らーめんのお店です。
「究極」がらーめんの方にもかかってるのかどうか気になりますが、「北京飯」の方が究極なのは間違いなさそうです。
究極の飯を摂取すべく、フクイチ入りました!

ぃぃぃいらっしゃーーい!

 

店員さんめっちゃ元気。
エネルギーの5割ぐらい声に使ってるんじゃないか、バイト代に大声手当がついてるんじゃないか、それぐらいの大声で迎えられました。
圧倒されそうになりましたが、ここは元気を競う場ではないんだ、俺はただ腹を満たしにきたんだと、なぜか自分を納得させつつ着席します。

 

メニューを拝読しましょう。
お店に入って最初にテンションが上がる時間です。J-PopでいうAメロです。
もちろん注文して待ってる時間がBメロ、届いた時がサビです。

 

はたして北京飯とは?

メニューの右上、説明がありました。

全国テレビでも「愛知県安城市のソウルフード」と紹介される中国料理 北京本店のオリジナル丼!半世紀にも渡って愛される逸品をお楽しみください。

すごい。どんな料理なのか具体性が一切ない。
どんぶりであることと、ただものじゃないこと以外何もわからない。
あれかなあ、「らーめん」に説明がいらないのと同じく、北京飯なんてもはや全国区でしょ、ってことなんでしょうか。
こうなるとストレートには聞きづらい。

店員さんに、こんな聞き方をしてみました。

「この『DX』が付いてるのって何が違うんですか?」
「唐揚げの枚数が違ってて、通常は3枚なのがDXだと6枚になります。で、台湾北京飯の方はミンチが乗ってます」

なるほど、ご飯に何かしらの唐揚げが乗ってるんですね。
こうして未知のメニューの手掛かりを得るわけです。
「枚」で数えるということは、何か平べったいものですかね?イカ?

まあしかし、メニューの端っこに乗ってる餃子も食べたいし、でもミンチも気になるし、ということで、

「じゃあ、台湾北京めしと餃子ください!」
「かしこまりました!台湾北京はんと餃子入りまーす!」

 

あ。

台湾北京飯たいわんぺきんはん
「めし」じゃなくて「はん」でした。

なんだろう、このちょっとした恥ずかしさ。
決して大恥ではないけど、日常にひそむちょっといい感じの恥ずかしさ。
「めし!」って、過剰にがっついてる欲望があらわになってしまいました。
まるで「これは何と読むでしょう?」という心理テストに引っ掛かったかのような心境です。

でもこれ、初見で「ぺきんはん」って読めますか?「ぺきんめし」でしょ?
冷静に考えたら中華料理ですから、「はん」と音読みするのが自然かもしれません。
しかし、あなたは究極に空腹のときも冷静であり続けることを誓いますか?
たとえその知識があっても「めし」と読みたくなりませんか?

裏タイトル

声に出して読みたいめし

「はい、北京飯ぺきんはんと餃子でーす」

 

切ないBメロを抜け、いつの間にかサビに突入しました。
かすかに残っていた平常心を頼りに写真を撮り、北京飯に食らいつく!

おいしい!

あ、これ豚肉の唐揚げなんですね。それがふわふわの卵でとじてある。
いいじゃないですか、このシナジー。
しかもミンチがピリ辛で、米を求めるレンゲが進みます。
もうはんでもめしでもどっちでもいいよ!おいしい!

 

聞いてみた

お会計のとき、店員さんに聞いてみました。

「北京はんのこと、北京めしって読んじゃう人、いますか?」
「えっと、けっこういらっしゃいますよ!でも、どっちも間違いじゃないです!」

精一杯フォローしてくれました。
しかし、店員さん同士は「はん」と読んでいるようなので、読み間違いがないように、改名を提案します。

北京飯あらため!

 

北京御飯

これなら間違いようがないでしょ?


最後までお読みいただき、ありがとうございました!