母の日にスペアリブを贈った日記

裏タイトル

あとから来たのに追い越され

こんにちは、フクイチです。

※裏タイトルとは、正式な記事タイトルとは別に、遊び心でつけたタイトルです。

平日の過ごし方も休日の楽しみ方も、例年とは異なる日々。
そのせいでしょうか、すっかり忘れていました。

5月10日は母の日です。

母の日の贈り物といえばカーネーション。
しかし、私は日頃から「花を贈る」行為に疑問を感じています。

だって、花を受け取った人、どうします?世話をしないといけないでしょ?
家に花瓶が無かったら用意しないといけないでしょ?花瓶を置くスペースも確保するんでしょ?
そんでもって、枯らさないように水やりとか、日当たりとか、留意すべきことがさまざまに発生します。

きれいな花に善意を託しているつもりが、相手の手間を増やしているような気になるんです。

そんなわけで、私は毎年実家に「食べ物」を贈っています。
母の日と言いつつ、家族全員分の量を贈っています。
母が料理から少しでも解放されるということで、「母の日」扱いだと思っています。

去年は佐賀県名物の「いかしゅうまい」でした。
佐賀には特にゆかりは無いですが、私自身が以前食べておいしかったので、家族にも体験してもらうべく贈りました。おいしかったそうです。

さて、今年は何にしよう。
せっかくなので、家族があまり食べたことがなさそうなものをチョイスしました。

「スペアリブ」です。

私は実家にいる間、スペアリブを食べたことがありません。
晩御飯で出てくることもなかったし、近所にスペアリブが食べられるお店もありませんでした。
神奈川に出てきてシャッターズで食べたのが初体験で、それでおいしさを知ったんです。

きっと家族にとっても馴染みのない食べ物に違いない!と確信し、楽天で購入。
そして、母に報告しました。

「今年はスペアリブ送ったで。」
「あ、すぺありぶ?こないだ食べたわー」

食ったんかい。

まあ、それとは違う味かもしれないので、美味しく食べてもらいましょう。

 

裏タイトル

あとから来たのに追い越され

最後までお読み頂き、ありがとうございました!